20140905

もう 1つの仕事

16最 高校2年のシーズン始めに 「間違った練習」をしてしまい 左のヒザ関節を故障 痛めてしまった・・・

学校に通う 自由が丘の駅の階段 手すりにつかまって 左足を引きずるながら 痛みをこらえながら 階段を降りていたことは 決して忘れない 

家族に負担を掛け 様々な医療機関 施設にて診てもらっても 『治る気がしない?』 マジ! 

練習どころか 歩いているだけで痛みが「たまらない」 そんな状態が続き 診てもらったみなさん 様々な診断をしてもらったんだけど 明確に 僕が納得できる言葉が返ってこない・・・ 『いったい どこが悪いんだよ?』『ヒザって どうなってんだ?』 疑問ばっかり・・・ 

じゃあ って なので自力で 「何が どうなっているのか」って ネットのない時代なので 図書館に通い 専門の書籍を読み漁ってみた

また 都心の大きな書店へも行き 専門書籍を視ると 図書館には置いてない ものすごいリアルな写真が載っている書籍もあり 視ているだけで 「目からウロコ!」 でも 文献を読むも 専門的な単語と 分子のレベル(当時は そんな事すら解らず)で書かれている内容は まったく 理解どころか 「読めない」(笑) 『この本 欲しいぃ~』 いったい 『この本 いくらだ?』と 価格を見ると なんと「何万円(数十万円とかも・・・)!」(医学部の学生が使う教科書なんかだった) とてもじゃないけど 購入は不可能だ・・・ だったら 古本屋さんに置いてないかなと 悪あがきするも とてもじゃないけど 高校生では無理! まぁ~ なので 学校の帰りに 本屋さんへ 通い詰める そんな時期もあった

この写真の4冊は この時期に入手したんだけど・・・ さっき 本を見返すと 要所要所に 赤線が引かれていて 16歳の想いが 今更のように伝わって 気持ちが戻ってくるようだった まあ いまの僕の 始まりだったんだと思う  写真の下の2冊は 電話帳くらいの厚さがあるんだけど 体育連盟(協会)で学んだ時の教材・・・ まあ 「志す」際には 既にこのレベルの内容はすべて 理解と習得は済んでいましたけどね フフフ

解らないことは 『自力で「解く」』 そんなことがきっかけなのか 93年から 練習と同様に学ぶことにも時間を使うようになって 95年から 走ることの他に コーチすることも仕事として活動するようになった そう 2000年の広島で走ってから もう何年経つのか・・・ まあ どっぷりと修行 道場破り(?)で 自信を確実にし いまに至るんだけど・・・ (修行と道場破りについては ココ

プロそしての仕事の 最終的な仕事って 「自分と 同じレベルの人材を育てる」! ここまでやって「プロの仕事」だと 僕は想う まあ ほかのプロスポーツでは 当たり前のことなんだけどね!

なので 『選手の育成』は これまでの通り まだまだ 僕の技量 技術が足りていないんだけど でも これまで以上に もっともっと 創って 築いていかないと・・・! それとあわせて コーチ トレーナーの育成 『指導者の育成』も 「キャリアサポート」ってカテゴリーで こっちも やっていかないとならないんだ・・・

修行中に入り込んだ 「フィットネス」の業界なんだけど・・・ まぁ~ 惨憺たる国内事情・・・ どんな業界でも同様? いやいや それどころではないと 僕は判断しています! 散々 多くの パーソナルトレーナーの研修をやってきて(僕が プロの フリーのパーソナルトレーナーへ向けての研修) 本当に そう感じているんです! まあ こっち(フィットネスの業界)は もう入りませんが(笑) でも コーチとトレーナーの育成はやっていくってことです

しかし 「食えない パーソナルトレーナー」 酷すぎです(笑いごとじゃなくって!) クライアントの獲得ができないトレーナーは 方向性の異なった? 時給で勤務? 如何わしいこと? なんか売ってるとか アルバイトしながらとか・・・ まぁ~ 呆れてます 本当に! 僕たちは カタチのある商品を売っているのではなく 「ソフトの提供」が 仕事! なので 僕たちは 仕入れる商品の代わりに 「学び続け 知識を得 理解する」 「コーチング 伝える技術を磨く」  それと 「提供する環境の構築」 (施設ってことではありません) この3つ! ただ それだけだ!

僕が思う この3つの条件が そこそこのレベルで習得と 戒めと 心構えがあれば みんな 来てくれるはず・・・ だと僕は考える! まあ僕は みんなに恵まているからなんだけど 自転車とかの商品を販売したり 副業することなく サイクリングのコーチと パーソナルトレーナーとして 集中してプロの仕事を履行することができる

そうそれと いつも言っていることなんだけど 「サイクリングのレッスンしかできないコーチ」では 『ダメなんだ』と・・・ そう サイクリング以外のスポーツ(競技者まで)であっても カラダの基本は診ることができて 『専門はサイクリング』って言える パーソナルトレーナー コーチじゃなきゃ って・・・! ってことで サイクリングのコーチの育成は 間違いなく 僕の仕事ってこと だよねぇ~ ん!

今季に ようやく 僕の気持ちと想いが 「次の仕事」に向かう方向へ 『そろそろ やんなきゃ』 って 指導者の育成にも 本格的に取り組むことにします そう もちろん ちゃんと しっかり 「ソフトの提供」ができる サイクリングのコーチの育成にも 着手ってことです


charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/